« 今日の飲み物 | トップページ | スカイ・プラネタリウム »

2010.12.05

小谷元彦展:幽体の知覚

小谷元彦展:幽体の知覚
六本木ヒルズ 森美術館

六本木ヒルズの展望台、美術館とセットになった券を買ったので、つい見てしまいました。なーんにも予備知識がないまま行ったのですが・・・・。

小谷はしばしば、痛みや恐怖などの身体感覚や精神状態をテーマに、見る者の潜在意識を刺激するような作品を制作します。毛髪を編んだドレスや拘束具を着けた動物、異形の少女、屍のような武者の騎馬像など、一つの解釈に帰着しえない多層的なイメージは、美と醜、生と死、聖と俗の境界線上で妖しい魅力を放ちます。

上記にもあるように見ていて「美しい!」とか「キレイ!」とかそういう印象の作品は全くなし。どちらかというと「気持ち悪い」という意味で印象に残るものばかりです。

毛髪を編んだドレス、って全部人の毛でできたロングワンピース。間近で見ると「ホントに人の毛だ・・・・」って思います。

壁にぶち当たって首が曲がった白鳥の剥製とか、360度ぐるっとスクリーンに囲まれて、滝がものすごい音と迫力で流れ落ちる映像とか、カエルを想像させる少女の映像とか。うーん、何度も見たいものではないなぁ(^^;

結論。現代美術はよくわかりません・・・・・。

六本木ヒルズ 森美術館
http://www.mori.art.museum/jp/

|

« 今日の飲み物 | トップページ | スカイ・プラネタリウム »

見た・聴いた 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小谷元彦展:幽体の知覚:

« 今日の飲み物 | トップページ | スカイ・プラネタリウム »