« 無線LAN マルチポケットルータ | トップページ | シャングリラホテル »

2010.11.30

ゲルギエフ指揮/ロンドン交響楽団

ロンドン交響楽団
2010.11.27
新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)
2階C5列4番

指揮/ワレリー・ゲルギエフ
ヴァイオリン/諏訪内晶子

♪シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47
♪マーラー:交響曲第1番 ニ長調「巨人」

ゲルギエフに諏訪内さんのバイオリン!これが新潟で聞けるなんて、行くしかないでしょ!
しかも会員価格なら10,000円!(東京公演は27,000円) ということで、かなり張り切って取ったチケット。

発売日は電話でチャレンジしたのですが、発売開始から1時間半かかってようやくつながりました~。1時間を超えたあたりで「もうダメか!?」と思ったのですが、オペレータさんにおそるおそる「正面はもうないですよね?」と聞いたら「2階席ならありますよ」とのこと(^^;
ということで、2階席正面ブロックで聞けました♪
実際、もっと客が入ってもいいのになー。8割程度くらいだったかなぁ。もったいないなぁ。

客と言えばこの日、和装の女性が多かったのですが・・・・・。なぜ??

そんなことより。
諏訪内さんのバイオリンはすごかったです。バイオリンと一体化しているような弾きっぷり。どちらかというと男性的な弾き方と音のような気がする。青い衣装の背中がセクシーでした(*^-^*)
ちなみに東京公演では彼女によるアンコールがあったようで・・・・・。新潟はなかったよ(涙)

しかし、私が圧倒されたのはマーラー。曲もハデだからというのはあるんだけど、こういうのを大きなホールで聞けて、しかも正面席というのはホントに幸せですなぁ。メリハリがあって、管楽器のベルアップがあったりして見ていても楽しい。最後はホルンは立って演奏してましたし。

ホルンといえば、7本並んでいましたが、端から2人目がソロを多く吹いていました。他の6本が全員吹いているのにこの人だけ休んでいることが多く、「??」状態だったのですが・・・・。ソロってフツーは端っこじゃないの?という常識が覆された気分です(^^;

弦で言えば、コントラバスが舞台下手。ふーん、と思って眺めていたらなかなかカッコいい男性演奏者が♪ あと、ハープも男性でした。男性のハーピストってなかなかいないからなんだか新鮮。

りゅーとぴあ
http://www.ryutopia.or.jp

|

« 無線LAN マルチポケットルータ | トップページ | シャングリラホテル »

見た・聴いた 2010」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。土日ともにお疲れ様でした。
2日間とも聞く立場でりゅーとぴあにいることはほとんどないので何か不思議な気分でした。

さて、諏訪内さん!私は多分名まで聴いたのは初でしたが、本当にすごかったですね。これぞ一流という感じだったかなと。オケもソロと一緒にうまくアンサンブルをしていて、ホールも味方につけたすごい演奏だったと思います。私も背中にはドキドキしました(笑)

巨人での金管楽器ですが、「正奏者が並んで吹く」のを優先しているようなので、あのように「一番端がアシスタント」という座り方になるようですね。巨人はホルンは7パートありますので、一番右の方が1stのアシスタントでした。トランペット、トロンボーンも同様でしたね。トランペットとトロンボーンのアシスタントの方は最後のホルンが立って演奏するところでの補助パートを演奏していましたね。

個人的には巨人は木管のアンサンブルがちょっと乱れ気味だったかなぁと感じました。まあ個性といえばそれまでなんですけど、もうちょっとまとまると本当にすごい演奏になるんじゃないかなと思います。

しかし、ゲルギエフを新潟で聞けるとは。。幸せな1日でした。

投稿: Daa | 2010.11.30 09:27

Daaさん
金管楽器の並び方の解説ありがとうございます!結構気になってたので、スッキリしました。
ゲルギエフも諏訪内さんも楽しそうだったのが印象的でした。しかし諏訪内さんのバイオリン、いい音してましたねー。
新潟でこんな演奏会聴けるなんて、ホントに有難いです。満足感の高い演奏会でした。

投稿: fumi | 2010.11.30 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲルギエフ指揮/ロンドン交響楽団:

« 無線LAN マルチポケットルータ | トップページ | シャングリラホテル »