« 鳥屋野潟公園の梅 | トップページ | 現在の積雪 »

2010.03.22

東京交響楽団 第58回新潟定期演奏会

東京交響楽団 第58回新潟定期演奏会
2010.03.21
新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)

出演/秋山和慶(指揮)、安井陽子*(ソプラノ)、小松亮太**(バンドネオン)

■ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第5番*
■ピアソラ/小松亮太編曲:リベルタンゴ**
■ピアソラ:バンドネオン協奏曲**
■ゴリホフ: 3つの歌 - ソプラノと管弦楽のための*
■ヒナステラ:バレエ音楽「エスタンシア」作品8

あまりなじみのない作曲者名が並んだ、今回のプログラム。
そのせいか、せっかくの秋山先生の指揮なのに、客入りはあまり良くなく・・・。まぁ、私も定期会員じゃなかったら「行こう!」という気にはならなかったかもしれない(^^;
でも定期会員だからこそこういう曲も聞けて、自分の音楽の幅も広がるというものですよね。

1曲目、ヴィラ=ロボスはソプラノが良かったです♪ 透明感があるような、きれいな歌声でした。どこが「バッハ」なんだろう、とちょっと突っ込みたかったけど・・・・。

2、3曲目のピアソラ。バンドネオンはアコーディオンみたいなジャバラを楽器で、でもアコーディオンと違うのは鍵盤がついていなくて両脇にあるボタンを押して音を切り替えること。タンゴなんかに良くつかわれる楽器だそうです。

日頃あまり聞いたことがない&見たことがない楽器だったのですが、音はどこかで聞いたような音。小松さんのバンドネオンと一体化したような弾きっぷり、カッコよかったですね♪足元にもう一つ、バンドネオンを置いていたので「いつ使うんだろう!?」とずーっと思っていたのですが、結局使わず。予備だったのかしらん。

最後の曲は終楽章が「これでもか!」みたいなフォルテシモで押す曲で、盛り上がっておりました。こういう曲、演奏するほうは大変なんだけど、でも達成感があっていいですよねぇ。

途中、ちょっとバイオリンソロの音程があってないような気がして気持ち悪かった部分もあるのですが(相当高い音だったからピッチもうまく合わせられないのかなぁ)、生演奏の迫力に勝てるものはなし。

東京交響楽団
http://www.tokyosymphony.com/

新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)
http://www.ryutopia.or.jp/

|

« 鳥屋野潟公園の梅 | トップページ | 現在の積雪 »

見た・聴いた 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京交響楽団 第58回新潟定期演奏会:

« 鳥屋野潟公園の梅 | トップページ | 現在の積雪 »