« デジカメ修理から戻る | トップページ | 竹風堂の栗おこわ »

2009.11.22

ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人。

ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人。 [DVD]
ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人。 [DVD]

ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人。
新潟県立万代島美術館

特にスタジオジブリの作品では、「となりのトトロ」(1988年)の美術監督として初めて映画作りに参加。昭和30年代の日本の澄んだ空気を鮮やかな色彩で表現し、かの名作を生み出す重要な役割を担いました。その後も、リアルに描かれた現代の風景と淡い色彩による記憶の風景との対比が興味深い「おもひでぽろぽろ」、狸の棲む里山の四季のうつろいを活写した「平成狸合戦ぽんぽこ」、東北人ならではの感性でエミシの村や太古の森を描いた「もののけ姫」と、多くの作品に美術監督として携わり、そこに描かれる美しい景色は、数多くの名シーンを支えてきました。

ものすごい精密。写真のようでした。
ジブリが森や田舎の風景が出てくる作品が多いせいかな、展示されているものも緑が濃くて。花畑の美しさ。木漏れ日の光の帯。どうしたらこんな色で塗れるんだろう、と思ってしまうくらいの微妙な色具合。
いやー、ホントすごかった。そういう言葉でしか言い表せない自分がもどかしいです。画集とかではわからないから、ぜひ実物を見てほしいですね。

でも背景画だけなので、小さいお子さんにはちょっとつまらないかも。かなりの絵があるから歩き疲れるし(^^;

この美術展は各地を巡回しているんですね。新潟での公開はあと1週間ですよ!

それからDVDでは本人へのインタビューや、この展覧会で展示されている背景画の静止画なんかもあるようですよ♪

公式HP
http://www.ntv.co.jp/oga

公式ブログ
http://www1.ntv.co.jp/oga/blog/

|

« デジカメ修理から戻る | トップページ | 竹風堂の栗おこわ »

見た・聴いた 2009」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人。:

« デジカメ修理から戻る | トップページ | 竹風堂の栗おこわ »