« エディタ・グルベローヴァ ソプラノ・リサイタル | トップページ | 川崎のべルギービール »

2008.11.22

「漢委奴国王」金印 を見たよ

Hanko03

日本史の教科書には必ず出てくる(と思われる)、「漢委奴国王」の金印を見ました。

ち、ちっちゃい・・・・・・。
だって、「印は印面一辺2.3cm、鈕(ちゅう、「つまみ」)を除く高さ0.8cm、重さ108.7g」ですよ。教科書にはサイズまで載ってないからね、ずーっと手のひらくらいの大きさはあるものだと勝手に思ってましたが、実物のあまりの小ささにはびっくりです。

これはニセモノと断定できないからどうも本物、として扱われているようで。うーん、そうなんですか・・・・・。国宝なんですけど・・・・。

このほか、この企画展ではいろいろなハンコを見ることができます。
つくづく日本はハンコ社会なんだなぁと思いましたよ。
あと、県外のハンコ業界の名前のついた大型観光バスが駐車場に止まっていたのにもちょっとびっくりした。そうだよねー、業界の人なら見たいよねー。

この「漢委奴国王」の金印が見れるのは24日までです!

新潟県立歴史博物館
http://www.nbz.or.jp/jp/

|

« エディタ・グルベローヴァ ソプラノ・リサイタル | トップページ | 川崎のべルギービール »

見た・聴いた 2008」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「漢委奴国王」金印 を見たよ:

« エディタ・グルベローヴァ ソプラノ・リサイタル | トップページ | 川崎のべルギービール »