« ハリポタ最終巻! | トップページ | インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 »

2008.07.26

「コンピュータ」が「コンピューター」になる 

「コンピュータ」は「コンピューター」に、「プリンタ」は「プリンター」に、「エクスプローラ」は「エクスプローラー」に――マイクロソフトは7月25日、同社製品・サービスで外来語をカタカナ表記する際、末尾に付ける長音符号(ー)の表記ルールを変更すると発表した。

早い段階で新表記を採用していたプリンタメーカーからは「当社の機器は『プリンター』と書いているのにWindowsは『プリンタ』となっている。どうにかならないか」と相談も受けていたという。(ITmediaより)

私はIT業界で働いているので、結構このニュースは興味を持って読みました。
発音するときは「コンピューター」「プリンター」と最後を伸ばしているのに、書くときは「コンピュータ」「プリンタ」。確かに違和感あるよねぇ。私も最初はそうでした。

でも業界用語みたいなもんだと思ってしまえば、そういう言葉を使うことがカッコいい、みたいな気持ちにもなり、現在に至る・・・・・・。だからこのブログでもそういう使い方をしている言葉がたくさんあります。

私の好きな作家の森博嗣さんは、かなりこのこだわりは強いらしくて、彼の作品の中では長音をつけないカタカナがたくさんあります。

でもやっぱり「スキャナ」だったり「フォルダ」だったり「ドライバ」だったりするんだよなぁ。これに長音をつけて書くことに、すごく抵抗感を感じる。

・・・・日本語って難しいねぇ。

マイクロソフト製品ならびにサービスにおける外来語カタカナ用語末尾の長音表記の変更について
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3491

|

« ハリポタ最終巻! | トップページ | インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 »

日記・コラム・つぶやき 2008」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コンピュータ」が「コンピューター」になる :

« ハリポタ最終巻! | トップページ | インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 »