« Suicaグッズ当りました | トップページ | ユウ近況 »

2008.06.03

グリーン・レクイエム/緑幻想 新井素子

グリーン・レクイエム/緑幻想 (創元SF文庫 (SFあ1-1))
グリーン・レクイエム/緑幻想 (創元SF文庫)

新井素子さんの本は、中学時代によく読みましたねー。「グリーン・レイクイエム」もその頃読んだ一冊。これは「グリーン・レクイエム」と、その続きである「緑幻想」が一冊になった、お得感たっぷりの一冊です。

「グリーン・レクイエム」は、感動して泣いたことをよく覚えているんだけど、あれから20年近くたった今回は、ちっとも感動せず・・・・・。やっぱりこの文体についていけないせいか?
確かに中学生くらいだったら喜びそうな文章ではある。
アタシも大人になって、さすがにこういう文体は抵抗感がある、ってことかな(^^;
(一人称で「あたし」が出てくる、口語表現での文章etc)

ストーリーも、もうちょっと説明欲しいし、急展開すぎないか?とは思うけど、これを書いたのが作者が20歳のときですからねぇ。それを考えれば、まぁ、なんというか・・・・。

そして続きの「緑幻想」。これは初めて読みました。ストーリー的には前作から2か月くらい後だけど、書かれたのは10年も後になってから。

さすがに前作ほど読みづらい、というわけではないけれど、やっぱり「新井素子」だなぁ、と感じる箇所が多く、数行読んだだけで作者がわかる。これほどわかりやすい人もいないのでは、と思ってしまいますよ。

ストーリー的には・・・・うーん、夢子さんの怒りはもっともだと思うので、それを止めようとする拓の言い分に納得できない。そんなに達観していていいのだろうか。そんな心境には、私はなれない。

ラストシーンで、明日香が信彦にしたことを、どう取るか。一生想い続けていくより、すべて忘れてしまったほうがいいのか。この結末には悩むところですね・・・・・。

ということで、ちょっぴり不満のある読後感想ではあるのですが、中学生に戻ったような気分が味わえたから、ま、いいかなぁと。

|

« Suicaグッズ当りました | トップページ | ユウ近況 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリーン・レクイエム/緑幻想 新井素子:

« Suicaグッズ当りました | トップページ | ユウ近況 »