« 暗号解読/サイモン・シン | トップページ | ディズニーランドに来ています »

2007.08.12

メビウス・レター / 北森鴻 

メビウス・レター (講談社文庫)
メビウス・レター (講談社文庫)
北森 鴻

北森さんの本は初体験です。どんな作品なのかちょっとドキドキ・・・・・。

以下、ネタバレにつき注意。

「メビウス」とタイトルにつくくらいなので、いろんなことがぐるぐると捻じ曲がってラストに繋がっていきます。それはいいんだけど、結末がわかりにくくて、そこだけ3回くらい読み直しちゃいました(^-^; だから全ての謎が解けてのカタルシスがない。推理小説はそこが一番の楽しみだと言うのに・・・・・。

あと、登場人物のそれぞれの動機がちょっと弱い・・・・ような。主人公が○○だったことって、そんなに隠せるものでしょうか。いろいろ工夫はされていたけど、現実的には無理でしょうねぇ。それを言っては全ての推理小説は成り立たないような気もしますが、でもこれはいくらなんでもちょっと・・・・・。

もう一人の犯人の動機も弱いなぁ。もっと「ああ、これじゃぁ犯罪を犯すのもしょうがないよね」というような気分にさせてくれないんだなぁ。
「手紙」のなかでの一人称も気に入らない。こんなコ、いますかねぇ。中学生なら分かるけど、高校卒業を控えたコですよ。

うーん、ということで登場人物の誰にも感情移入ができないままラストを迎えてしまい、しかもラストはちょっとわかりにくいということで・・・・・。

解説の中で、この作品の編集作業の途中で打ち切られてしまったという話が載っていたけど、それもわかるような気がしました。

次の作品には期待したいなぁ。

|

« 暗号解読/サイモン・シン | トップページ | ディズニーランドに来ています »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メビウス・レター / 北森鴻 :

« 暗号解読/サイモン・シン | トップページ | ディズニーランドに来ています »