« 知恩院 | トップページ | 秋葉温泉花水 »

2007.07.09

LiveEarth in 京都

LiveEarth
2007.07.07 京都 東寺
(出演者)
RIP SLYME
UA
BONNIE PINK
Michael Nyman
Yellow Magic Orchestra

七夕に行われた、LiveEarthを京都で見ました。
お目当てはなんといってもYMO!!!!
ワンマンライブではないから、演奏曲目が少ないのは分かっていたけれど、それでも、それでも絶対に見たかった!! 結局4曲しか演奏がなかったんですけど、見れて良かった。3人をナマで見てナマの演奏を聴けたことに、鳥肌立つくらいに感動しました。

今回は野外だったのでお天気が心配でしたけど、雨は全く降りませんでした。よかったぁ。それから野外なので地面に座るのかなぁと思ってたんですが、エリア内自由席にもかかわらず椅子がちゃんとありました。これもよかったぁ。

コンサートの客層はやっぱりちょっぴり高くて、30代~40代がほとんどかなぁ。外国人も多かったし。それからYMOのロゴ入りシャツを着ている人もちらほら。やっぱりどうみてもYMO目当ての人ばかり。

それを如実に表していたのが各演奏者に対する、観客のノリですね。
トップバッターのRIP SLYMEなんて、多分彼らにしてみれば過去最低の観客のノリの悪さだったと思いますよ(^-^;
というのも、観客のほとんどは「誰、コイツら・・・・・」という視線だし、「早く引っ込め」という雰囲気がアリアリ。
私の周りの席の人たちもほとんど(というか全く)手拍子もせず、椅子に座ってじーっとしてましたからね(^-^;

YMOは一番最後に登場。
他のアーティストのときはそんなこと全然なかったのですが、ステージで機材の準備が始まったときから観客は総立ちで、ずーっと拍手しっぱなし。

そして3人が登場。位置は下手から坂本さん、ユキヒロ、細野さんの順番。
コンサート開始前から、上手に銀色の大きなブースというか骨組みのセットが3つあって、「これは何だろう?」とずっと思っていたんですけど、YMO用のセットでした。そのセットの中に機材やらドラムセットがありました。

YMOをナマで見たのはもちろん初めてで・・・・・、ホントは1993年の東京ドームでの再生ライブもチケット取ったんですけどね、仕事があって泣く泣く断念したんです(これは私の替わりに兄と妹が行った)。

1983年の散開コンサートもベータビデオで録画して擦り切れるくらい見ましたね。この頃、YMOと名のつくものは何でも集めたような・・・・(^-^;

たった4曲、正味30分も演奏時間はなかったし、MCがあったわけではないし、淡々と(YMOのライブではいつものことですが)演奏があっただけなんですけど、ものすごく幸せな時間でした。生きていて良かった、とホントに思いましたよ。念願が一つ、叶ったかな。

3人が去った後も、終演のアナウンスが流れた後も、かなり長い間観客の拍手は鳴り止みませんでしたし、私の周りの人たちも帰る様子がなかったです。

ちなみに2曲目は映画「アップルシードサーガ"エクスマキナ"」より、3曲目は坂本さんの「Chasm」の1曲です。

以心電信
Rescue
War&Peace
Rydeen "79/07"

LiveEarth
http://www.liveearth-japan.jp/

|

« 知恩院 | トップページ | 秋葉温泉花水 »

見た・聴いた 2007」カテゴリの記事

コメント

はは~ん、そういうことね~。
寺はついでなのね~。
で、曹洞宗のお寺さんには行かれました?

投稿: おおしま | 2007.07.10 00:11

もし私がこのライブに行っていたとしたら 
マイケル・ナイマン目当てだったかも(^^  
YMOは6日にNHKでやってるのは見ました  

投稿: Маша(マーシャ) | 2007.07.10 03:45

>おおしま くん

そう、寺はついでなの(^-^;
でも久しぶりの京都だったので堪能しました。
京都で曹洞宗のお寺ってあんまりないんじゃなかったかな? 気がつきませんでした(^-^;

>Маша(マーシャ) さん

マイケル・ナイマンも良かったですよー。気のいいオジサン、といったカンジでした。どうして彼が出演することになったのか、かなり謎ではありますが・・・・。

残念だったのは、彼のしっとりした演奏中に爆音を上げたバイクが通りすぎたこと(なにせ野外ですから音が筒抜け)。あれは彼に申し訳なかったです。

投稿: fumi | 2007.07.10 06:25

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LiveEarth in 京都:

« 知恩院 | トップページ | 秋葉温泉花水 »