« AKIRAのポスター | トップページ | SPACEWARP 10000 »

2006.06.30

デュフィの「コンソール」

先週末、東京出張に行ったついでに鎌倉の鎌倉大谷記念美術館に行ってきました。(鎌倉に行ったのはこれが目的だったからですよー、アジサイ目当てではない)

目的はデュフィが繰り返し描いたコンソールを見ること。

デュフィが何度も描いたコンソール。この度、1940年に移ったペルピニャンのアトリエで、彼が実際に愛用した「黄色いコンソール」(工芸)を、「黄色いコンソール」(油彩)と同時にご覧頂く又とない機会となります。

実はこれを見るのは2回目なのですが(前回の様子はこちら)、チャンスがあるなら何度でも見たい作品です。好きな画家が直接見た風景、物を自分の目で見られる、というのはなかなかないですからね。

前回と同じく、階段を上がったところにそのコンソールはありました。そして、後ろには「黄色いコンソール」の絵が。本物のコンソールと、それを描いた絵と。これが一緒に眺められる贅沢。うーん、シアワセです。このコンソールはあちこちの作品に出てくるけれど、やはりこの「黄色いコンソール」が一番かなぁ。

2度目だったので、前回ほどの感激はなかったものの、やはりじわじわとした嬉しさが。開館直後で客は私一人だったので、しばらく眺めていました。誰にもジャマされないで、好きな絵を好きなだけ眺める。・・・贅沢ですな。

このコンソールは8/26まで見れますよー。

|

« AKIRAのポスター | トップページ | SPACEWARP 10000 »

日記・コラム・つぶやき 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デュフィの「コンソール」:

« AKIRAのポスター | トップページ | SPACEWARP 10000 »