« ウェスティンホテル東京 | トップページ | 劇団四季 オペラ座の怪人 »

2006.02.19

劇団四季 クレイジー・フォー・ユー

劇団四季 クレイジー・フォー・ユー
2006.02.18 17:30
四季劇場 秋
2階4列31番

東京公演の「クレイジー・フォー・ユー」ですが、この日が公演二日目。
ということで、ロビーには関係者がとても多く、四季のバッチをつけた人があちこちでいろんな人に挨拶してましたが・・・・・、そんな中、浅利慶太を発見!! うぉぉぉー、浅利慶太だぁぁと思いながら、すぐそばをすれ違ってしまいました。(浅利慶太は劇団四季の演出家で大元締めです)

キャスト表を見て感激。
か、加藤さんがボビーだぁぁぁ!! 嬉しい・・・・。
12月の新潟公演では裏切られただけに、加藤さんのボビーが見れるのは涙ものです。
いろんな役で加藤さんを見てきましたけれど、ボビーが一番合っているような気がする。
タップもそうだし、コメディタッチのところも。うっとりと眺めちゃいました。

ただ、歌はもう少し・・・・(^-^;
歌に関して言えば、荒川ボビーのほうが安心して見ていられます(^-^;

でもやっぱり躍りのキレやくるっとターンする速さも他の人と全然違うし、高さもある。ラスト近くで一人で踊るシーンの最後のジャンプ!! あの高さはやっぱり加藤さんならではでしょう。指先まで感情がこもっているような気がします。

毎回この作品を見るたびに、「これが加藤ボビーを見る最後のチャンスかもしれない!」と思うのですが、そうならないことを切に祈ります。でも初演から10年以上たっているわけだし、その間、ずっと主役は加藤さんと荒川さんだっだしね・・・・・。そろそろ世代交代かなぁと思ったりもして・・・・・。

実はそれを感じたのは、今回久しぶりに買ったパンフレットを見たせいです。
ボビーの配役に、加藤さん、荒川さんといういつものコンビに加えて田邊慎也さんの名前があったから。おお、田邊さんか!配役としてはまず妥当かなぁなどと思ったりもして。

ああ、他のキャストについても一言。
東京公演が始まってまだ間もないせいかなぁ、ちょっとイマイチのような気もしないでもないけれど。アイリーン役の八重沢さん。ちょっと音程狂ってましたね(^-^; ポリーの樋口さんはまずまずか?

それから、今回は舞台向かって右手(いわゆる上手側)の席だったのですが、舞台が見切れるんだなぁ。ランクの酒場のシーンでは上手側に出入り口があるという設定ですが、そこが見えない。あと、ラスト近くのザングラー劇場のところでボビーが上着を着て、それを見ていたお付きの人と一緒に肩をすくめるシーンも見えない。

私はもう何回も見ているから、そういうシーンがあるんだなぁというのがわかるのですが、初めて見た人には、やっぱり舞台は全部見て欲しい。これでS席というのはちょっと納得いかない気がします。

5月にも見に行く予定があるのですが、その時は誰がやっているのかな。田邊さんのボビーも見てみたいものです(^-^) いや、それよりも加藤ボビーをもう一度見たい!!

ボビー・チャイルド  加藤敬二
ポリー・ベーカー  樋口麻美
ランク・ホーキンス  牧野公昭
アイリーン・ロス  八重沢真美
ベラ・ザングラー  栗原英雄
エベレット・ベーカー  喜納兼徳
ボビーの母  斉藤昭子
テス  有永美奈子
ユージーン・フォーダー  池田英治
パトリシア・フォーダー  西内いず美

|

« ウェスティンホテル東京 | トップページ | 劇団四季 オペラ座の怪人 »

見た・聴いた 2006」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季 クレイジー・フォー・ユー:

» 劇団四季「クレイジー・フォー・ユー」見てきました。 [IT男の日記]
 今日は、昨年の劇団四季「オペラ座の怪人」に続き、「クレイジー・フォー・ユー」を見てきました{/onpu/}。席は、1F中央の真ん中くらいだったので、とても見やすかったです。  ストーリーは、単純で楽しくわかりやすく、タップダンスがとても印象的でした。楽しいシーンも多かったので、ミュージカルで、笑えて元気になりたい人はお勧めです。{/fuki_osusume/} ・劇団四季「クレイ... [続きを読む]

受信: 2006.02.26 01:45

« ウェスティンホテル東京 | トップページ | 劇団四季 オペラ座の怪人 »