« 宇都宮隆 CONCERT TOUR 2005 U_WAVE | トップページ | 反社会学講座 »

2005.11.20

赤緑黒白 /森博嗣

赤緑黒白  森博嗣
赤緑黒白  森博嗣

赤緑黒白
森 博嗣
講談社文庫 

鮮やかな赤に塗装された死体が、深夜マンションの駐車場で発見された。死んでいた男は、赤井。彼の恋人だったという女性が「犯人が誰かは、わかっている。それを証明して欲しい」と保呂草(ほろくさ)に依頼する。そして発生した第2の事件では、死者は緑色に塗られていた。シリーズ完結編にして、新たなる始動を告げる傑作。

紅子さんが活躍するいわゆるVシリーズの最終巻です。森さんの第1作目の「すべてがFになる」から読んでいないと、ちょっと何のことかよくわからない部分があるだろうなー。未読の人は、まずそちらから読まれることをオススメします。いわゆる「S&Mシリーズ」は全部で10作品、Vシリーズも本作を入れて10作品ですけれど(^-^;

森さんの本は、推理の過程のロジックがひねりが利いていて好きなのですが、時々ついていけなくてイマイチ、の感想を持つこともあります。えー、そんなのアリ??と思うこともたびたび。
登場人物へ感情移入ができなくて、同感できない部分もあるんですが。今回も事件がほぐれていく過程はさすがだなぁと思いつつも、犯人の動機に対してはちょっと納得いかなかったりもして。でも納得できれば、殺人を犯した人に対して寛容になれるのか、というような議論にも発展しそうで、それはそれでまた難しいですね。

でも相変わらず登場人物の会話はウィットに富んでいてニヤリとするようなものがたくさん。私的には面白かったです。

途中にポンと出てくる少女の役割なんかはやっぱり「S&Mシリーズ」から読んで頂きたい内容ですね。

しかし、今回のこの本の最大のポイントは紅子さんと林さん、それからS&Mシリーズとの係わり合いが明らかになった点でしょう。既にこのあとの「四季」で明らかになっているらしいのですが、私は基本的に文庫落ちしたものを読むので、今になってようやくこの関連付けがようやく見えてきた、というところ。

う~ん、そうか、あの人たちの名前が最後まで明らかにされなかったのはそういう意味だったのね・・・・・。奥が深いなぁ。
それから時代背景も見えてきました。数年前ならこういう書き方でも違和感なかったんだろうけれど、やっぱり現代人なら連絡はこうはしないよね。「S&Mシリーズ」の萌絵ちゃんが出てくる「捩れ屋敷の利鈍」で、紫子さんや練無が登場しなかったのもよくわかる。

ということで、森作品ファンにはシリーズのクロスオーバー振りが楽しめる作品ではないかと。

|

« 宇都宮隆 CONCERT TOUR 2005 U_WAVE | トップページ | 反社会学講座 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤緑黒白 /森博嗣:

» 森博嗣「赤緑黒白」読了 [モンキーターン]
鮮やかな赤に塗装された死体が,深夜マンションの駐車場で発見された.死んだ男は,赤井寛.彼の恋人だった田口美登里という女性が「犯人が誰かは,わかっている.それを証明して欲しい」と保呂草潤平に依頼する.そして発生した第二の事件では,死者は緑色に塗られていた.... [続きを読む]

受信: 2005.11.20 22:14

« 宇都宮隆 CONCERT TOUR 2005 U_WAVE | トップページ | 反社会学講座 »