« スターバックス万代店4 周年 | トップページ | 越後丘陵公園 »

2005.05.03

コンスタンティン

キアヌ・リーブス主演の「コンスタンティン」を見ました。宗教がテーマになっているので、ちょっとそのへんが理解できない日本人(=私)には難しい内容かもしれない。途中よくわからない部分もあったりして・・・・。もう一度見ろということでしょうか(^-^;

以下、ちょっとネタバレ。

キリスト教では自殺は大罪であって、自殺した人は天国ではなく地獄に堕ちる。コンスタンティンは昔、自殺を試みたことがあって、天国へは行けない。でも自分が殺してきた悪魔たちが待っているから地獄へは行きたくない。これをどうクリアするか?というのがコンスタンティンの悩み。ヒーロー像としては、かなりダークなヤツですね。そのへんが原作がコミックス、というところなのかなぁ。

最後にコンスタンティンが取った行動は、本当に自己犠牲だったのか。アンジェラを助けたいという思いが本当にあったのか。それから、コンスタンティンは禁煙に成功したのか!?

私はにっこり笑った好青年(あ、もう40歳になったから「青年」というのはヘン?)のキアヌより、ちょっと切なそうな表情のほうが好きです。ちょっとくたびれたようなスーツ姿も良い。おなかの傷も久しぶりに見ました。今回くらいの髪の長さがいいですね。アップが多いのも良かった。ということで、キアヌ好きの私には二重丸の内容かと。

映画は最後まで見ましょうね。エンドロールを見逃してはいけませんよっ。

|

« スターバックス万代店4 周年 | トップページ | 越後丘陵公園 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンスタンティン:

« スターバックス万代店4 周年 | トップページ | 越後丘陵公園 »