« 東京交響楽団第30回新潟定期演奏会 | トップページ | WindowsUpdateで真っ青(その2) »

2005.03.31

WindowsUpdateで真っ青

顔色が真っ青になったのは、画面が真っ青になったからです(^-^;
冗談抜きで、どうしようかと思いましたよ~。

今日、お客さんのところで入れたばかりのWindowsServer2003に、WindowsUpdateをかけていたら、突然ブルースクリーンになりました。いろんな英語のメッセージが画面いっぱいに出ています。

「え!?」と駆け寄ってメッセージを読み取ろうとしたら、突然再起動。その後は、BIOS画面は起動しますが、Windowsが起動しなくなりました(T_T)

ちょうどこのサーバにユーザデータを移行したばかりだったので、バックアップもまだだったんですね・・・・。これからバックアップしようとして、その前にWindowsUpdateでもかけるかなぁと思っていたのに・・・・・。

もうパニック状態で、一応でハード故障を疑ってみて、慌ててCEさんに連絡しきてもらうことに。到着を待っている間に、サーバに付属のCD-ROMから起動してみてください、といわれてそれを実行したらCD-ROMからは起動する。ということは、ハード故障ではなさそう・・・?やっぱり(というか、どう考えても)WindowsUpdateが原因か!?

そんなことを何度か繰り返していたら、奇跡的にWindowsが起動しました!
ログオンできたときには、涙が出るくらい嬉しかったです。

CEさんも駆けつけてくれて、いろいろ調べてもらったのですが、異常ではないとのことですし、今回表示されたSTOPコードに該当するものが見つからない、とのこと。明日、サポセンに連絡して詳細に調査を依頼しようと思います。

サーバはその後何度か再起動かけたのですが、無事に動いているようです。大急ぎでバックアップをとりました(^-^;
しかし、こんなことがあるとWindowsUpdate、怖くてかけられません~。

寿命が縮まった気がした一日でした。ふう。

|

« 東京交響楽団第30回新潟定期演奏会 | トップページ | WindowsUpdateで真っ青(その2) »

日記・コラム・つぶやき 2005」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WindowsUpdateで真っ青:

« 東京交響楽団第30回新潟定期演奏会 | トップページ | WindowsUpdateで真っ青(その2) »