« ワレリー・ゲルギエフ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 | トップページ | 間もなく自動改札機登場です »

2004.11.23

明和電機 ナンセンス=マシーンズ展

明和電機展

2004.11.21
NTTインターコミュニケーション・センター
明和電機 ナンセンス=マシーンズ展

明和電機の「ナンセンス=マシーンズ展」を見に行ってきました。

明和電機という存在自体を知ったのは、1995年だったと思います。「ぴあ」に彼らの展示会のことが載っていて、それで最初に覚えたと記憶しています。その頃上京予定もあったので見に行こうと思っていたのですが、諸事情によりキャンセルになってしまいました。その頃からなんだか妙に記憶に残る兄弟二人組みだったので(確かに、あのパチモクとコイビートのデモは、記憶に残るだろうな~)、良く覚えています。

1996年に「魚コード」が出たときも、(今はないけれど)新潟のタワーレコードに予約して買ったんですよねー。そうしたら予約特典として、明和電機のえんぴつがもらえました(^-^) 青いえんぴつに金色の文字で「明和電機」って書いてある、消しゴムつきのヤツ。今は売ってますけど、当時は非売品だったので、かなり嬉しかった記憶が。今でもちゃんととってあります。当時、朝日新聞に全面広告が出て。ウチは朝日なので、新聞めくってびっくりした記憶があります。その新聞は切り抜いてとってあります(笑)

それからライブや展覧会に行ったりして、私としては初めてファンクラブなるものにも入会しました。「明和電機共同組合」っていうんですよ。当時、月イチで会報が送られてきて、見ているだけでも結構楽しかったなぁ。その頃はまだパソコン通信まっさかりだったのですが、Niftyで「明和電機の部屋」っていうのがあって、随分と入り浸っていました。1997年の「イミダス」に彼らの「ツクバ系」という言葉が掲載されたのですが、それを最初に見つけたのは私だと思う(笑) ファンクラブは2001年くらいまでは入会していたのですが、年会費を払い損ねて退会しちゃったんですよね・・・・。それからちょっとご無沙汰していました。

前置きが長かったですね、えーっと今回の展示会は、こんなカンジ。

展示は明和電機の11年にわたる活動の集大成ともいえるもので、これまでに制作された「魚器(NAKI)シリーズ」、「ツクバ(TSUKUBA)シリーズ」、さらに、新シリーズ「エーデルワイス」の新作が発表され、より完成されたその世界観が提示されます。 これらユニークかつナンセンスな機械の数々が一堂に会し、さらには「明和電機のある暮らし」などのコンセプトやストラテジーなどが紹介され,明和電機の全貌が明らかにされます。

ということで、明和電機の大きなシリーズである3つの作品群が一度に見られる、というだけでもかなりすごい。個人的には「魚器(NAKI)シリーズ」が好きです。明和電機初期の作品たちですね。この頃の明和電機は作りたいものを作る、という姿勢が一番強かった頃の作品じゃないかなぁ。現社長が学生時代の作品もたくさんあるわけですから。中には、「ウケテル」(時報に合わせて泳いでいる魚の上に、針が落ちてくる作品)のように、運が悪いと魚が死ぬ、というものもありますけど・・・・・。

明和電機の作品は、動いているのを見るのが楽しいと思います。今回の展示会でも、時間によってはデモがあるので、そちらの時間に合わせて行くのがオススメ。私が行ったときは「ツクバシリーズ」の自動演奏をやっていました。何度も見たデモですけど、やっぱり何度見ても笑ってしまう・・・・・。あと、初めて見る人たちの「何だこれはー!」という反応を見るのも楽しいですね(笑) 

やっぱり明和電機、いいよね、楽しいよね、ということでもう一度ファンクラブに入りなおすことにしました(^-^) 
今なら入会金無料!というフレーズに惹かれたのも事実です(^-^;

12月26日(日)までやってますので、東京地方のかたはぜひどうぞ。一度見ると忘れられない作品たちばかりです。

|

« ワレリー・ゲルギエフ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 | トップページ | 間もなく自動改札機登場です »

見た・聴いた 2004」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。kaoと申します。
明和電機に反応して、トラックバックつけさせていただきました。
ちなみに、新潟市に住んでいます。
通勤は自転車またはバスなので、自動改札はまだ使ってません(^_^;)

投稿: kao | 2004.12.06 14:15

kaoさん、はじめまして!

明和電機のノリが大好きで、ずっと活動を見守っていたのですが、ここ何年かはご無沙汰していました。が、またファンクラブにも入りましたし(笑)、ライブがあれば行きたいなぁと思っている今日この頃です。

投稿: fumi | 2004.12.07 01:30

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明和電機 ナンセンス=マシーンズ展:

» 明和電機 [323号室]
fumiさんの「ordinary life」11月23日付 「明和電機 ナンセン [続きを読む]

受信: 2004.12.06 14:12

« ワレリー・ゲルギエフ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 | トップページ | 間もなく自動改札機登場です »