« CATS | トップページ | 明和電機 ナンセンス=マシーンズ展 »

2004.11.23

ワレリー・ゲルギエフ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

開場のパイプオルガン演奏中

2004.11.21 15:00
サントリーホール
ワレリー・ゲルギエフ指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
<ピアノ>イェフィム・ブロンフマン
ラフマニノフ : ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 op. 30
チャイコフスキー : 交響曲第4番 ヘ短調 op. 36

ワレリー・ゲルギエフ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に行ってきました。

ゲルギエフとウィーンフィル!う~ん、すごい組み合わせです。こういうのを見れるというのはシアワセですねぇ。
客の年齢層は若干高め。そりゃそうですよねー、S席は31,000円もするんですよっ!さすがに学生にはなかなか手が出ないお値段。私はB席で、2階席の一番後ろでした。

さて。演奏のほうですが、ラフマニノフは日頃あまり聞いていない曲だったので(2番は大好きなんですけど)、「ふーん」というカンジ。あ、悪い意味ではありません。こんな曲だったのかな~、という感想。ピアノはものすごい技が要求される曲ですね。ラフマニノフはみんなそうか・・・・。昔、渋谷の某ホールでアルバイトしていて、耳がそちらに慣れてしまい、サントリーホールの残響は残響たっぷりすぎて好きになれなかったのですが、今回はその残響が心地よく聞こえました。

チャイコフスキーの曲は良かった!やっぱり4番もいいかも(笑)
ラフマニノフのときはピアノに隠れて、指揮者のゲルギエフが見えなかったのですが、この曲ではその指揮がよく見えました。指揮棒は持たず、スコアも見ずのスタイル。大げさではなく、ホントに飛び上がって指揮してましたからねー、最前列の人は彼の着地の音も聞こえたに違いない(笑)

オケを専門にやったことがないので、専門的なコメントはできませんが、やはり世界一流のオーケストラだけあって音が柔らかくて丸い。こういう音を生で聞けるのは、ホントに嬉しい。やっぱり生演奏はいいですよねぇ。

演奏が終わった後の拍手がすごい。いつまでも鳴り止むことがないし、熱心な拍手なんですよね。ロックコンサートやミュージカルにもよく行きますが、いつもそちらとの拍手と大違いだと思ってしまいます。ロックコンサートって、アンコールが暗黙の了解としてあるので、観客の拍手もなんとなく熱心ではないのですよね。座り込んで拍手しない人も多いし。でもクラシックのコンサートは(熱心かどうかは別としても)、ほぼ全員が拍手してますよね。

ということで、ピアノのイェフィム・ブロンフマンさんはアンコールとして2曲。スカルラッティの「ソナタハ短調」から、ショパンの「革命」。チャイコの後もアンコールが2曲あったのですが、私は1曲しか聞けずに会場を後にしました。18時の東京発の新幹線が、新潟への代行バスが出る最終だったものですから(^-^;

今回は一緒に行くはずだった友人に不幸があり、急遽妹と一緒に行ったのですが、ラフマニノフが終わったところで彼女が一言。「そんなにいい演奏だった~?」 妹よ、頼むからそんな問題発言を客席内で前の列の人が振り向くくらいの声で言わないで下さい(T_T)
「いい演奏、悪い演奏」というのは主観的なものだし、これが一流のオケによるものだから、「こういうのをいい演奏なんだな」と思い込もうとしているところもないとは言い切れないのですが・・・・・。ましてや私はオケは専門ではないので。でもチャイコはいい演奏だと思いましたよ、ハイ。

この日の演奏会はNHKで1月に放映がありますので、見逃した方はお楽しみに。

|

« CATS | トップページ | 明和電機 ナンセンス=マシーンズ展 »

見た・聴いた 2004」カテゴリの記事

コメント

ゲルギエフさん いいですよね  
キーロフバレエの公演でしか聞いたことがないのですが...  
ここ数年 キーロフバレエの来日はなく ご無沙汰してます  
NHKで放送があるとの事 楽しみです  

投稿: Маша(マーシャ) | 2004.12.02 22:14

Машаさん こんにちは!

大金払って(往復の新幹線代より高かった・・・)行った甲斐がありました。ゲルギエフの指揮も素晴らしかった。しょっちゅう見れるものではないですが、やっぱり生演奏はいいですね~。
バレエも最近ご無沙汰しています。次回はバレエが見たいなぁと思っています(^-^)

投稿: fumi | 2004.12.04 09:22

ラフマニノフの三番は『シャイン』という実在のピアニストを描いた映画の全編で使われてます。くぅ~っ、うらやましいっ。。。

投稿: Show-G | 2004.12.25 23:03

Show-G さん、こんにちは。

>ラフマニノフの三番は『シャイン』という実在のピアニストを描いた映画の全編で使われてます。

そうなんですか!いいこと聞きました!ピアノが好きなので、あの映画は気にはなっていたのですがまだ見たことなかったんです。さっそくチェックしなくては!

投稿: fumi | 2004.12.26 11:37

あ、全編というと語弊がありますね。重要な位置づけにあると訂正しておきますね(ごめんなさいぃ・・・)。

投稿: Show-G | 2004.12.29 20:58

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワレリー・ゲルギエフ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団:

» NHK芸術劇場予定 [噴水2]
>ordinary life: ワレリー・ゲルギエフ指揮 ウィーン・フィルハーモ [続きを読む]

受信: 2004.12.24 21:04

« CATS | トップページ | 明和電機 ナンセンス=マシーンズ展 »