« CCCDは廃止になるか | トップページ | ヒガンバナ »

2004.09.18

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻

かなり頑張って、2日半で読んでしまいました。

ハリーももう15歳ですねぇ。ハリーってこんなに始終イライラしているコだったっけ?
今度のハリーはかなりいろんなことに腹立たしさを感じて、八つ当たりをしたりします。まぁ、その気持ちは分からないでもないけれど。
薄々ながら「きっとこういう戦いがあるんだろうなぁ」と気づいてはいたものの(というか、これは避けては通れないでしょうね)、はっきり言及されちゃうとハリーでなくても気が滅入ります。5巻は非常に暗い内容です。

でもハリーがいとこの家にいる様子や、ラストの戦いの部分なんかは他の巻に比べれば、押し付けがましくない印象を受けました。特におじさんの家でのやりとりなんかは、各巻とも「お約束」みたいな事件が勃発したりしてましたからね。

5巻では重要人物が一人亡くなりますが、この亡くなり方ではハリーならずとも納得しないでしょう。また復活があってもおかしくない書き方・・・・。

唯一の明るい(というか微笑ましい)エピソードは、ハリーの初恋の行方。もう、読んでてニヤけちゃいますよ、ホントに。頑張れ、ハリーっ!!と誰もが思うに違いない。初々しくていいなぁ。

しかし、これはもう児童書ではないですね。ストーリーもかなり入り組んできて複雑だし、難しい言葉はたくさんつかってあるし。でも、頑張って読んで欲しいなぁ。

ラストまで、あと2巻ですね(原作は7巻で完結する予定)。6巻の原書もまだ出てませんけど、私はハリーの運命を最後まで見届けたいと思います。

|

« CCCDは廃止になるか | トップページ | ヒガンバナ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ども。はじめまして。

普段、小学生と接する機会が多いのですが、『不死鳥の…』は小学生の間でも、大ブームですよ。

あいにく発売日が夏休み終了直後だったのが、ちょっと可哀相でした。
夏休みの宿題もまだ片付いていないのに、みんな徹夜でこの本、読んでましたよ。
発売初日に買って、塾や学校でみんなに見せびらかす…というのが、今どきの小学生みたいですね。

ちなみにわたしは、まだ読んでません。だって高いんだもん…。
読み終わった小学生から、借りようかな。(^^;)

投稿: みんぎゅる | 2004.09.19 07:41

みんぎゅる さん、こんにちは。

発売日が9/1というのは、微妙な日程ですよね。でも夏休み中だとしたら読書に夢中になって、宿題終わらなかったかも(^-^; 

私が小学生だったとしたら、・・・多分、宿題そっちのけで読むと思います(^-^; 私の周りの大人たちは、「登場人物が多い」「英語の名前は誰が誰だかわからなくなる」と言って敬遠する人が多いんですよね。人物名とかは夢中になるとすぐ覚えちゃうんですけどね。

子供たちが、このシリーズをきっかけにして本を読む楽しさを知ってくれるのなら、嬉しいことですね。

投稿: fumi | 2004.09.19 08:29

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団:

» ハリーポッター最新刊! [暇人日記]
久しぶりに本屋に行ってみると、そこには高く積まれたピンク色の本!!! これはもしや…… ハリーポッターだ! やっぱり買っちゃいました。 ハリ... [続きを読む]

受信: 2004.09.19 22:20

« CCCDは廃止になるか | トップページ | ヒガンバナ »