« 本田宗一郎と井深大展 | トップページ | "ハリー・ポッター"の世界展 »

2004.07.04

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

「ハリー・ポッター」を見てきました。レイトショーにもかかわらず、7~8割くらいは席がうまっていました。

一番の感想。3人とも大きくなっちゃって・・・・。3年生という設定なので、ハリーたちは13歳。1作目とは全然顔が違いますね。びっくりです。もう「かわいい」ではなく、「かっこいい」になりつつあるのですね・・・・・。うんうん。ダニエル君、素敵~。

3作目は内容がちょっと暗いですよね。ハリーを殺しに来るという人がいたり、「吸魂鬼」といわれるディメンターがいたり。それでも「夜の騎士バス」でロンドンを駆け抜けるシーンはコミカルだったりして楽しい。

でも、制服の着かたがちょっとだらしなくなったのはお年頃といえばそれまでだけど、何もほぼ全員そうなる必要はないのでは?イギリスってそういうの、注意されないのかなぁ。今回はハリーたちの私服姿もたくさん見れて、なんとなくお得感がありますね。

私は原作を読んでいるのでどんな人たちが出てきて、どんな結末で、というのも分かっているのですが、それでもやっぱりドキドキしちゃう。原作と違うところもありましたけど、大きく違わないし、マルフォイをハーマイオニーがひっぱたくシーンは映画のほうがいいかなと思います。

・・・と、私は結構楽しめたのですが、原作を読んでいない彼氏が、一言も感想を口にしなかったのが結構気になる。よほどつまらなかったのかな・・・・・?

ハリー・ポッター公式サイト
Harry Potter 魔法使いの店(オフィシャルハリーグッズ)
ハリー・ポッター友の会学校 (オフィシャルファンクラブ)

|

« 本田宗一郎と井深大展 | トップページ | "ハリー・ポッター"の世界展 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターとアズカバンの囚人:

« 本田宗一郎と井深大展 | トップページ | "ハリー・ポッター"の世界展 »