« 水芭蕉を見に行ってきました | トップページ | 東京交響楽団第25回新潟定期演奏会 »

2004.03.27

コンピュータウィルス駆除

数日前から父親が、「会社のパソコンがヘンなんだよ。画面が急に赤くなるんだよ。ウィルスに感染したみたい」と言い出しました。画面が赤くなるウィルスなんて聞いたことがないので、「ヘンなメールでも開いたんじゃないの?」と聞き流していたのですが、今度は母親が「あのパソコン、給与計算が入ってるの。ウィルスだったらどうしよう」と言い出したので、今日はそのパソコンを見に行ってきました。

年末にNortonをインストールしてあったので、まったく無事ではないにしろ、とりあえずなんとかなるかなと思って出かけました。

見てびっくり。検疫に79個もありました(^-^;
Mydoom、Opaserv・・・・・。特にOpaservと言う名前がずらり。Mydoomは聞いたことがあったのですが、Opaservは初めてだったので、どこから感染したのかと思い、symantecのサイトに接続して調べ始めたら・・・。

「警告」というポップアップのメッセージが表示されました。どうもOpaservがまた活動しているらしく、検疫に入れますかというようなメッセージ出ている。とりあえず、検疫に隔離して、さぁて・・・・と思ったらディスプレイが(デスクトップPCなのですが)一瞬消え、PC起動時のようなDOS画面のようなものが、ディスプレイ全体を赤くして表示されています。
「????」とよくよく見ると、Nortonが出しているメッセージ。しかし、こんな状態は初めて見ました(^-^;

OpaservはWindowsの脆弱性を利用して感染を広げるとのこと。確かに、そのPCはインターネットに接続できるPCなのですが、WindowsUpdateなんてものは一切行ったことの無いパソコンでした(^-^;

慌ててWindowsUpdateをかけ、Opaservの駆除ツールを実行し、ドライブの全スキャンをかけてようやく一息。
Norton先生、ありがとう!!

でも父親(PC素人)には「WindowsUpdateのやりかた」なんてものは難しい&面倒で、なかなかやってもらえないんですよね・・・・。特にそのPCはWinMeなので自動Updateもできないし・・・・。

でもそんなことも言ってられないので、なんとかして教育せねばと思った一日でした。


|

« 水芭蕉を見に行ってきました | トップページ | 東京交響楽団第25回新潟定期演奏会 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータウィルス駆除:

« 水芭蕉を見に行ってきました | トップページ | 東京交響楽団第25回新潟定期演奏会 »